いつも捨てているのがあるんです

いつも捨てているのがあるのですが、これを言うと、贅沢だとか、物を大事にしろとか、食べ物を粗末にするなとか思われそうですが、邪魔は邪魔なので話したいです。菓子パンをよく食べます。コッペパンありますよね。ヤマザキのをよく食べるのですが、でもあれって、はじっこは具がないじゃないですか。一口分です。あれを私はいつも手でちぎって捨てているんです。アンパンやクリームパンなんかもそうです。中央になく、はじっこに寄ってますよね。だから、すかすかの部分をちぎって捨ててしまうのです。それともう一つはおにぎりです。長方形の海苔を巻くと、角2つが重なりますよね。だからこれも片方を破って捨ててしまいます。どうしてもおにぎりは斜めの部分が海苔で重なります。それが嫌なので破ってしまうんです。でも、おにぎりはともかく、パンは同じように思っている人、いると思うんです。細長いパンで、練乳が入ったの、ありますよね。ヤマザキパンのあれもそうです。はじっこの一口分まで練乳がないからちぎってしまいます。変な人ですよね。リバイブラッシュの効果について解説